極東証券

  1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 先輩紹介>
  4. 先輩紹介・松田 裕史(2012年入社)

先輩紹介・松田 裕史(2012年入社)

先輩社員インタビュー (名古屋支店 主任 松田 裕史)

松田 裕史

プロフィール

2012年入社 名古屋支店 主任 松田 裕史

新しいお客さまの開拓

現在の私の仕事は、自分に任されたエリアでの新規開拓営業が中心です。

飛び込み訪問を中心に、電話や手紙でのフォローもします。

飛び込み訪問というのは、全く知らない先に突然訪問するわけですから、初めは話も聞いてもらえず、インターフォンや受付で断られることがほとんどです。

しかし、繰り返し訪問し、手紙を送り、電話などでもお話をしているうちに、ご家族やご自分の資産のことについてなど、より深く話していただけるようになってきます。

そうして徐々にお客さまとの距離が近づいてきて、いよいよお取引していただけるようになった時は感動モノです。

お客さまに信頼される!

新規開拓営業は、全く知らない方にお客さまになっていただく営業なので、最初は相手にもしてくれないというのが当たり前です。

「興味ない。」だとか、「証券会社?あんた達とは付き合いたくない!」といったことを言われたりもします。

そんな中でも、アプローチを続けていくうちに話をしてくれるようになり、その話の内容も深くなってくる方が出始めます。

ずっと、「私はやらない。」とおっしゃってた方が取引してくださったり、「熱心だから、あなたの考えも聞きたいし、あなたに託すことも考えている。」などと言われた時には、今までの努力が報われた気持ちになりうれしくなります。

社員を大事にする会社

私が当社を選んだのは、エントリーから始まって、面接から採用に至るまで、私のことをしっかり見てもらえたからです。

私は、当社からは早い時期に内定をもらっていたのですが、私の入社への決心を急がせることもなく、他社の選考結果をゆっくりと待ってくれました。

他の会社を受け続けていた私の意思を尊重してくれたのです。

そういったことから、きっと社員一人ひとりを大事にしてくれる会社なのだろうと感じました。

実際、入社してからも、まだまだ私は周りに迷惑をかけてばかりですが、上司やインストラクターをはじめいろんな方に、助けてもらったり指導をいただきながら、なんとかやっています。

私が入社前に感じたことは間違っていなかったと、あらためて実感しています。

アドバイス

アドバイス

就職活動は、自分の足で情報を収集しに行き、できる限り多くの業界・企業を見ることが大事だと思います。

インターネットなどの情報を鵜呑みにするのではなく、自分の肌で感じることが大切だと思います。

全然、イメージが変わってくるはずです。


採用エントリーについて

極東証券の採用情報をご覧いただき、ありがとうございます。
「リクナビ2019」・「キャリタス就活2019」・「マイナビ2019」に新卒採用情報を掲載しています。
まずは、「リクナビ2019」よりプレエントリーをお願いします。

リクナビ2019
キャリタス就活2019
マイナビ2019

このサイトの主なコンテンツ