極東証券

  1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 先輩紹介>
  4. 先輩紹介・高師 祐哉(2013年入社)

先輩紹介・高師 祐哉(2013年入社)

先輩社員インタビュー (大手センタービル支店 高師 祐哉)

高師 祐哉

プロフィール

2013年入社 大手センタービル支店 高師 祐哉

ステータスを持った人に会える

ステータスを持った人に会える

最初はお客さまがいないので、まずはお客さまを作ることから始めます。その手段には、飛び込み訪問・電話・手紙があります。

ただ、1日100件飛び込み訪問をしても1件もいい話がなかったり、300件電話し続けてもすべて断られたりと、新規開拓は非常にハードです。しかも、どれか1つをやっただけではお客さまになってくれる方はいないので、自分のお客さまになってもらうにはどうすればいいのかを考えて訪問や電話、手紙を組み合わせ、お客さまに気に入っていただけるように作戦を練ります。そこに、この仕事の面白さがあると思います。

会長・社長・弁護士・資産家といった普段は会えないような方に、名刺1枚で会うことができることもこの仕事の魅力です。そういう方々と話すと、私にはない全く違った角度からのの視点や発想に触れることができ、そういう考え方もあるのかと大変勉強になります。

先日も、直筆の手紙を送ったある見込先の社長からお礼の電話をいただき、その際に「相手の気持ちをつかむには、手紙をたくさん書きなさい。」とご指導いただきました。この社長も若い時分から、仕事上でずいぶんと手紙を書かれたそうです。今までの経験上、営業をしていく上では直筆の手紙が一番有効だと実感されているそうです。

このように、人生の大先輩で経験豊富な方々からいろいろなものを学べるので、私はこの仕事が好きです。

努力を見てくれている人は必ずいる

努力を見てくれている人は必ずいる

来る日も、来る日も担当地区を毎日飛び込んでいましたが、なかなか取り合ってもらえず、冷たい対応をされることも多々ありました。

担当地区内を1件1件まわりましたが、結果が出ずに、時間だけが過ぎていきました。

そんなある日、一本の電話がかかってきました。

その電話をかけてきてくださった弁護士事務所の方が、私の最初のお客さまになりました。

電話口で、お客さまから「しょっちゅう顔を出してくれたし、もし、今度何かお願いすることがあったら高師さんにしようと思っていまして・・・。」と言われた時は、大変嬉しく思いました。

その方が口座開設の手続きでご来店された際、私が以前お渡しした自己紹介シートを大事にクリアファイルに入れたものを机の上に出し、「飛び込み訪問も大変だったでしょ?ああいう方法しかないのかもしれないけど・・・。このシートがなんとなく気になって取っておいたので、これを見て連絡することにしましたよ。」と言われた時は、涙が出るほど嬉しかったです。

努力をしていれば、見てくれている人は必ずいるのだと、あらためて実感できました。

もし、あそこで自分が足を使ってまわり続けていなければ、あの1本の電話もなかったと思うと、一層気を引き締めて新規開拓に励まなければならないと思いました。

直接対話を基本としたコンサルティング

直接対話を基本としたコンサルティング営業と、他社にない「特色ある旬の商品」

私が極東証券を選んだのは、「信は万事の基と為す」という社是に共感したからです。

創業以来、ネット取引やコールセンターを持たず、お客さまとの直接対話を何より大切にする極東証券なら、社員も大切にしてくれると思ったからです。

また、当社で扱う「特色ある旬の商品」には他社では扱っていないものも多く、これが自分にとっての大きな武器になるということも、当社を選んだ理由の一つです。

アドバイス

アドバイス

これから長年働く訳ですから、仕事内容を確認するのはもちろんですが、自分が5年後・10年後・20年後にどんな生活を送りたいか、という視点から就職活動を考えてみるのも良いと思います。

自分の5年後、10年後、20年後の将来像をしっかりイメージしてみると、志望動機ややりたい仕事、成し遂げたいことが見えてくるかもしれません。

悔いのないように、全力で就職活動に取り組んでください。


採用エントリーについて

極東証券の採用情報をご覧いただき、ありがとうございます。
「リクナビ2018」・「キャリタス就活2018」に新卒採用情報を掲載しています。
まずは、「リクナビ2018」よりプレエントリーをお願いいたします。

リクナビ2018
キャリタス就活2018

このサイトの主なコンテンツ