極東証券

  1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 先輩紹介>
  4. 先輩紹介・草薙 織人(2015年入社)

先輩紹介・草薙 織人(2015年入社)

先輩社員インタビュー (本店資産管理第一部 草薙 織人)

草薙 織人

プロフィール

2015年入社 本店資産管理第一部 草薙 織人

信頼ある仕事

信頼ある仕事

私の主な仕事は新規開拓です。

訪問、電話、DM等の方法を用いて、取引していただきたい方、私の場合は主にテリトリー先の会社経営者やビル・オーナー、お医者さま等の方々にアプローチをします。訪問、電話をしても、そういう方とはなかなか話せず、たまたまお会いできたとしても、「興味がない、お金がない、時間がない」と断られてしまうことがほとんどです。

しかし、少しでも喜んでいただこうと、情報提供やマーケットの資料をお渡しするために何度も訪問を繰り返し、テリトリー先の方々と顔を合わせる回数が増えるにつれて、だんだん顔見知りになり、話せることも多くなります。そのうち「実は証券投資を行っているんだけど、困っていて・・・」と、ご相談いただけることがあります。

初対面の人に多くの情報を話す方はそういません。まずは警戒するのが常でしょう。こと我々営業員に関しては、仕事中にやってくる得体の知れない人物です。取り合っていただけないのは当然です。

しかし、少しでもお役に立てるように何度も通って、顔を覚えていただき、信頼関係を築いていくことで、初めて本当のことを話していただくことができるのです。

信頼関係の大切さを肌で実感できるところに、私はこの仕事の魅力を感じています。

信頼できる字

信頼できる字

配属されてからずっと通っていたお客さまに言われたひと言です。

訪問を繰り返していましたが、「お金がないし、興味もない」とのことでした。それでも「来ないでくれ」とか「迷惑だ」と言われた訳でもなかったので、何か喜んでいただけることはないかと考えながら資料を持参したり、手紙を書いたり、訪問を繰り返し続けました。

ある日、相場の話をしていた時に、ある銘柄の話になりました。お客さまが興味があったようでしたので、帰社後、その銘柄についての資料を用意し、翌日訪問し、その銘柄について説明しましたが、やはり「お金がないので買わない」と断られてしまいました。

しかし、その日の夕方、そのお客さまから電話があり、「もう一度考えたけれど、あなたとお付き合いしてみるわ」とのことで、再度訪問しました。その時に、「あなたがあまりに熱心だったから付き合うのを決めたわ。それにあなたからいただいた手紙の字を見て、この人は信頼できると感じたの」とおっしゃっていただきました。私の字は綺麗ではありませんが、丁寧に書くことは心掛けていました。

私達がお会いするのは心を持った人々です。一所懸命営業を続けていれば、相手にもその姿勢が伝わりますし、それが取引に繋がることもあります。

勤続年数

勤続年数

私が極東証券を選んだ理由は、平均勤続年数の長さです。

離職率が高く平均勤続年数が低い証券業界の中でも、極東証券は離職率も低く、勤続年数も他証券会社よりも長めでした。

離職率の高い証券業界で私はやっていけるのか?と入社するまでは不安でしたが、実際に極東証券で働き始めて、若手の存在も尊重されていることを強く実感しました。

これも社員の少ない極東証券ならではの社風だと思います。

百聞は一見にしかず

百聞は一見にしかず

私たちは、これからの人生の大半を会社の中で過ごすことになります。その上で、就職活動は人生の転換期と言っても過言ではありません。

まずは、いろいろな会社を見て、聞いて、知ることです。「私にはこの業種は向いてない」と決めつけてしまいがちですが、説明会に参加して印象がガラッと変わることもあります。

固定概念を捨てて、たくさんの会社を見ましょう。


採用エントリーについて

極東証券の採用情報をご覧いただき、ありがとうございます。
「リクナビ2019」・「キャリタス就活2019」・「マイナビ2019」に新卒採用情報を掲載しています。
まずは、「リクナビ2019」よりプレエントリーをお願いします。

リクナビ2019
キャリタス就活2019
マイナビ2019

このサイトの主なコンテンツ