極東証券

  1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 先輩紹介>
  4. 先輩紹介・齊藤 成芳(2016年入社)

先輩紹介・齊藤 成芳(2016年入社)

先輩社員インタビュー (本店資産管理第二部 齊藤 成芳)

齊藤 成芳

プロフィール

2016年入社 本店資産管理第二部 齊藤 成芳

日々学習

日々学習

証券営業をしていると、毎日新しい課題の発見があります。

商品の知識はもちろん、お客さまが何を求めているのか、何をすれば喜んでいただけるか等、最初はわからないことだらけです。

しかし、自分で調べたり、先輩社員に聞いたりひとつひとつ課題に取り組み、解決を目指すことで、日々少しずつでも自分が確実に成長していくのが実感できます。

自分では考えが及ばなかったような質問をお客さまからいただくと、「こんな視点があったのか!」と驚きとともにまた一歩成長できる、という喜びが湧いてきます。

実際に現場に出て、飛び込み営業をすることでしか分からないことも多いと思います。

どうすれば富裕層の方々に会えるか、どうすればそういう方々に話を聞いていただけるか、試行錯誤の毎日です。

頼りにしています

「頼りにしています」

「頼りにしています」

初めてできたお客さまに言っていただいたこのひと言がとても嬉しく、今でも心の支えとなっています。

思い出す度に、「もっと役に立ちたい」、「もっとご満足していただきたい」という気持ちになり、より一層勉強と営業に励みたくなります。

口座開設をしていただいたきっかけも、「君はよく通って資料を届けに来てくれたから」というものでした。

お取引まで継続して通っている間、「もう資料もいらない」と断られたこともあり、悩んだこともありましたが、初取引をしていただいたときは全てが報われたと感じました。

直接対話

直接対話

極東証券の「直接対話」営業へのこだわりが、私は一番好きです。

メールや電話だけではわからないようなお客さまの様子が、直接お会いして話すことで伺えることも多いと思います。

また、訪問して顔を見ていただくことで、お客さまからの信頼もより深まるのではないかと考えています。

お客さまの大切な資産をお預かりする仕事なので、お客さまはどのような考えをお持ちなのかを知る必要があるのはもちろん、自分がどのような人間なのかを知っていただく必要もあると私は考えています。

そのためには、面談をして、お客さまと膝を突き合わせながらお話をするという、極東証券の営業スタイルが一番だと思います。

就職活動へのアドバイス

就職活動へのアドバイス

業種や職種に関わらず、合う・合わないが人それぞれあると思うので、インターネット上の情報だけでなく、実際に会社を訪れ、そこの社員の方と接してみることをお勧めします。

心の底から「入りたい!」と思えるような会社に出会えることを祈っています。

私にとってはそれが極東証券でした。


採用エントリーについて

極東証券の採用情報をご覧いただき、ありがとうございます。
「リクナビ2019」・「キャリタス就活2019」・「マイナビ2019」に新卒採用情報を掲載しています。
まずは、「リクナビ2019」よりプレエントリーをお願いします。

リクナビ2019
キャリタス就活2019
マイナビ2019

このサイトの主なコンテンツ